上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
■回り右をし、前進せよ
エスカレーターから落下しました。それも一番高い地点から。いやー、落ちてるときは周りがスローモーションでした。行き交う人々の顔とか固まってて。
あぁ、落ちたら痛いんだろうな~とか、エスカレーターに頭を打付けて髪の毛が巻き込まれたら嫌だなぁ~とか思いました。で、額が床に打付けられる瞬間。

ビクビクビクッ!!!

と体をこれ以上ないほど痙攣させて目が覚めました。
夢です。(このくだり、いい加減にしろよ)
実にスリルある夢でした。ってかぶつかる瞬間に痙攣するなんて。

まるでボクシングのような勝負をしてきました。
一発K.O勝負にしてやるぜ☆と意気込んで、臨んだ闘いでしたが、なんだか判定勝負になりました。その判定も分かるのは一週間後です。

生き地獄です。審判は焦らしプレイがお好きなようで。

で、勝負をした場所、いわばリングはまるで小宇宙でした。
上も下もわからない。それに、私が誰なのかもわからない。人生ってなんなのかもわからない。日本語もわからない。(←元から)
酸素は薄く、水分は奪われ死んでしまいそいでした。でもまだ生きてます。判定が分かるまでの辛抱です。

スポンサーサイト
2007.09.15 Sat l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。